スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

あっという間、今を生きる。

子どもの頃に比べ、大人になると1日が「あっという間」に過ぎて行く。


その1番の原因は未経験を経験することが少なくなり、その分、発見や洞察、
自分との対話の時間が減る所から来ているんだと思う。
「時間」は変化することのない「絶対的」なもののはずだが、
実は、年齢や環境、心情、物理的なスピードによって変化する
「相対的」なもの。



「相対的」ということは、それぞれの立場で認識が変わるということ。
全ては体感での話かもしれないが、大人になってからも
時間の流れを遅く感じる瞬間がある。例えば、
旅をしたり、新しい事に挑戦したり、物事に熱中、洞察、集中してる時。
逆に悩んだり、緊張したり、嫌な事が控えてても、時間は長く感じる。
つまりは良い事も、悪い事も含め、
「自己との対話の時間」が時間の濃度を濃くしているようだ。
反対に、
同じ景色、同じ習慣、無感情、安定した情緒、何も考えない時間、
受動的に情報を受け取っている(ボーッとTV.映画などを見てる)時などは
時間はサラッと流れて行く。
自分というものを保つには、どちらも必要な時間であると思っている。

しかしどちらも「一度過ぎてしまったら戻らない」という点では同じである。

大人が嘆く「あっという間」という言葉にはそんな「もう戻らない」という意味
が含まれているからこそ切なさ、儚さを乗せ響く。
しかしよく考えてみるとこの「あっという間」。
ブラックホール並みに全てを飲み込んでしまう暗黒な「言葉」でもある。


例えば、「5分前」から「今」までを「あっという間」と言えるし、
「昨日」から「今日」までを「あっという間」だと言える。
「先月」から「今月」、「去年」から「今年」、
「10年前」から「現在」、と考えて行くと、
1秒も、1分も、1年も、100万年とて、「あっという間」と言える。
つまりは全ての時間をその言葉で集約できてしまうのだ。


歴史の教科書を見てても、地球の46億年の歴史の中の45億9999万年は
1ページに集約され、たかだか1万年の歴史が残りのページを埋め尽くしている。
人類の祖先が現れ10万年経ったと言われているが、その10万年も、
地球の年齢を一年にした場合、たった2秒の出来事であるという。


つまり見方によっては、46億年も「あっという間」の出来事と言える。
そして、それを自分の人生に置き換えて見ても
やはり「あっという間」とい…
最近の投稿

5月の予定

5月になりました!!
週末はイベント続きになりそうですが、通常通りワークも継続中です!!
WORK SHOP  
オープンクラス
5月 5日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 5月12日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 5月19日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 5月26日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡
プログレスクラス
5月 7日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 5月14日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 5月28日(月) 19:15〜22:00 @ 六会
ンゴニクラス
5月 8日(火) 19:30〜22:00 @ 善行 5月29日(火) 19:30〜22:00 @ 善行

ペティクラス
5月10日(木) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 5月17日(木) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 5月24日(木) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 5月31日(木) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM
トライアルクラス
5月 7日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 5月14日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 5月21日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 5月28日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM
番外ンゴニクラス
5月15日(火) 19:30〜21:30 @ WONTANARA TOKYO

LIVE

5月 4日(金) 19:00〜:¥1500+1drink  @ 荻窪 BUNGA
[World Wide Week ] facebook ページ  ソロで出演。

5月 6日(日) 15:00〜 ジャンベを長く永く叩くためのWS
18:00〜[Sangam Afro Live]  :ジャズカリ楽団:afrocoya ¥2500 @高崎 Sangam

5月13日(日) 鎌倉 petit rock festival vol.4  @ 由比ヶ浜公園 「麻はか」で出演。

5月20日(日) 鎌人いちば @ 由比ヶ浜公園 「9:50〜アラカリと愉快な仲間達」「麻はか」で出演。

5月27日(日) 春の公園まつり @ 辻堂海浜公園 「アフリカサカバ」で出演。
今月も宜しくお願い…

責任と自由

人は大人になるにつれ、多くの「責任」を背負い混んでいき、
「自由」が無くなったと嘆く。。


しかし子ども時代に「自由に生きていたか?」と問われれば、そうでもない。
学校や親からのしがらみから「はやく自由なりたい」と思ってたくらいである。
 僕は子どもの頃、「自分は自由な存在でいたい」という思いが強かった。
当時通っていた野球教室も、行きたくない時が頻繁にあり、そんな時には、
「いざとなったらいつだって辞めれる!そのまま日本一周の旅だって出来る!」
と現実逃避的ではあるが、大きな世界を歩き回る自分を想像した。
その考えの元は、
「人間、裸になったら自由、そして本当はいつでも裸になれるし、 そのボタン(決定権)は自分の手の中にある。」という、
生き物「人間」としての根源的な自由さを感じていたからかもしれない。
子供の発想ではあるが、
「人間はしがらみや所属、関係という多く「服」を着込んでいるから、 窮屈になり、自分の意のままには生きれない状況になる。 からといって「服」を脱ぐのは、寒いし、恥ずかしいし、 間違ってるかもしれないし、簡単な事ではない。 しかしそれらの思いを上回る「何か」が来たり、 厚着しずぎて動けなくなるくらいなら、人間、いつでも「服」を脱いで、 「ただの人間」として生きていける可能性を秘めているのだ」と。
そいやって、嫌な時間が来る度に「取り巻く社会と完全に切り離された自分」
を想像しては、妙な安心感と、想像と現実の間に生まれた余裕のおかげで、 現実への勇気が湧いてきて、野球教室も6年生まで続けることができた。

 しかしながら、大人になると根源的に「裸になる」事を想像しただけでは
やりくりが難しくなって来る。
それは積み上げて来たものや、友達や家族などの「しがらみ」が実は、自分の選択の結果だと言うことに、無意識ながらにも気がついてしまうからである。と言うより多くの時間を「しがらみ」の中で過ごしている為、「しがらみ」の中でしか、自分を感じられなくなっていくのである。
 父として、夫として、ミュージシャンとして、社会人として、、、など、
しがらみや「関係性」の生み出す「立場」中で、生きている時間が殆どになる。
そしてそれぞれの立場上に「責任」と言うものが関わって来て、
がんじがらめにされ「自由」とは切り離された時間に生きていると感じるのだ。
しかし 僕らが「責任」と…

マジック・鉄の存在

アフリカには「Magic」という概念がある。

しかしそれはとても大きな概念をあらわした言葉で、
場面によって、魔術、呪術、手品、祈願、治療、お守り・・・などを指す。
ジャンベにまつわる音楽や楽器の中にも、
アフリカ人たちは沢山のMagicを感じており、信じているように思う。
彼らと生活を共にしていると確かに、
Magicという概念で捉えると腑に落ちる瞬間がある。
宗教とはまた別次元で日常の中に神秘があり、そこに生きている。
ギニア人がよく着ている「セラガエ・ドンマ」。
下着としての涼しさもさることながら、
魔除けの衣」という意味合いで親しまれている。
自分にとって危険な場所に来た時に、ギュッと締まって教えてくれる腕輪や、
自分の姿(気配)を消せるという服を見せてもらったこともある。

そんなマジックに関わる今回、「鉄」について少し書きたいと思う。
「鉄」は地球の総重量の3割以上を有しているそうで、特に珍しい物質ではない。
しかし、人間が自分たちの用途を叶えるためには、
鉱物(自然)を錬金(超越)して精製しなければならない。


まず鉄が「鉄である」事にひとつのMagicがあるということである。
なるほど、ギニアやマリの鍛冶屋達は、いわゆる一般市民達とは少し違う存在で、
世襲制であり、誰もが衝撃的な経験する割礼の儀式、
その重要な歯入れの役を務めている。 
だからと言って、
一般人より楽な立場で生活をしているか?といったらそうではなく、
暑いアフリカで、鉄を溶かすほどの熱を出す火を、自力で起こしては、
ハンマーで鉄を叩く事は、労働としても過酷である。
そんな彼らに、一般の人は畏敬の念と、優越感を混在させているようだ。

鉄がアフリカに来る前の太鼓は、乾燥させた木のツルや、
動物の皮でリングを作ったり、ボディに杭を刺したり、

アラカリの「ジャンベ座談会」

ジャンベのリズムには、それぞれ、人が集う意味があって、
それぞれの「場」の感情がそのままダンスやリズムとなっているので、
その音楽は感情や衝動から生まれた、超右脳的な音楽と言える。
 そんなジャンベの伝統リズムを再現しようと叩く僕らの最終目的は、
実はそのリズムの持つ「感情」を再体験する事なのではないか?

なんて思ったりもする。
 しかし割礼や、鍛冶屋、道化師のリズムと言われても、世界観が遠すぎて
僕らにはなかなか想像出来なかったりもするので、
やはり感覚だけで「感情の再体験」にまで到達するのは難しい。
その背景を理解する事や、複数のリズムを理論的に整理して聞く事、
またそれを繰り返し身体に落とすことによって、
初めてその入り口に立てる気がする。
過去記事「無意識とリズムの覚え方。右脳派、左脳派。」にも書きましたが、
日本で、異国の伝統音楽を学ぶには、
右脳的理解と左脳的理解の両方を使うのが近道だと思うのです。
 しかし、この理解の仕方と演奏はまた別問題で、
演奏中には左脳はあまり働かせずに、

右脳(感覚)の力を信じた方が良いと思います。
何故なら、左脳は計算が崩れた時に、臨機応変に対応しにくいし、
体験的にも、気持ちよく叩けている時に、「こう?」「違う?」と考えてしまい、
手が遅れたり、左脳の働きが邪魔する場合もあったからです。
演奏の時には邪魔になる?
しかし、感覚的に気持ち良く、心地よく叩けるようになる為には、

その土台として、必須の左脳的理解に
フューチャーして今回ワークショップを開催します。


4月25日(水)の19:30〜 
最近毎度お馴染みになりつつあるwontanara-tokyoさんにて「座談会」。
前代未聞!?楽器不要のジャンベのワークショップです。

どうゆうことをするか?を簡単に説明すると、
はじめに、みんなの知っているリズムを、色々挙げてもらい、
民族、地域的な分類と音楽的な分類を試みます。
音楽的な分類とは、超客観的に、ノリの違いでリズムを分類すると言う事。
つまり、同じノリの種類がわかれば、(音楽的に)ソロを共有する事が
できるようになります。
そして、リズムを視覚的に理解出来る、リズム譜の書き方の説明と応用。
音楽テスト0点の僕が、リズム譜初心者にも分かり易く、書き方解説します。
とまぁ、2時間と言う時間の中で、どこまで行けるか?
やってみ…

4月の予定。

すっかり、春になりました!
今年の冬は長〜く感じたけど、やっぱり春は来るんだね(しみじみ)と。
ということで、イベントやライブもここから、また始まっていきますね。
4月は新しく物事を始めるのにも、もってこい。
初心者の方も、経験者の方も、あなたのノックを待ってます!
今月もココロオドル日々をお届けします。。



オープンクラス (誰でも参加できます、ただいまドゥンドゥンバファミリーに挑戦中)
4月 7日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡   4月14日(土) 19:00〜22:00 @ 片瀬 ※ 4月21日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡 4月28日(土) 19:00〜22:00 @ 村岡
プログレスクラス (汗をかいたり、より上を目指すためのクラス)
4月 2日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 4月 9日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 4月23日(月) 19:15〜22:00 @ 六会 4月30日(月) 19:15〜22:00 @ 六会
ンゴニクラス (西アフリカのハープ、ンゴニで歌う。楽器レンタル有り)
4月10日(火) 19:15〜22:00 @ 善行 4月24日(火) 19:15〜22:00 @ 善行
木曜ペティクラス (超初心者から還暦越えまで、和気藹々で開催中)
4月 5日(木) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 4月12日(木) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 4月19日(木) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 4月26日(木) 11:00〜13:00※ @ サロン ドゥ グレイスM この日に限り14:00〜片瀬のデイサービスにてライブ
月曜トライアルクラス(ジャンベを始めてみたい人から経験者まで)
4月 2日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 4月 9日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 4月16日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 4月23日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM 4月30日(月) 11:00〜14:00 @ サロン ドゥ グレイスM
特別クラス
4月 8日(日) ジャンベファミリーワーク&セッセ交流会 @ グレイスM

4月11日(水) 西アフリカの弦…

気を使う。気を効かす。

音、分子、赤外線、気持ち、自由、概念、匂い、磁気、、など
目には見えないけれど、確かに存在するものはこの世に沢山ある。


 その中でも、東洋発信の概念「気」についての話。
僕自身、「気」が一体何なのか?本当のところよく分からない。
しかし分からないなりに、感じた事を言葉にして見ます。

学生時代、気を操る先生がいた。
授業の内容や、顔などはほとんど覚えていないが、その先生が言った
「気の出ている手は、霜降り状態になっている」って言葉だけ鮮明に残ってる。
というのも、特に冬など手の血行が悪い時に、ジャンベを叩いても
あまり良い音がしなかったり、音分けに苦労したりするのだが、
30分くらい叩いているうちに、音が軽く出るようになったりする。
その時の状態の自分の手を見てみると、まさに「霜降り状態」になっている。


これは血行が良くなった分、血液量が増して、物理的に手の平の重さが
重くなり、重さが増した分、衝撃が増して、音が大きくなった。とも言えるが、
「気」が出ているから、音が大きくなった。と捉える事もできる。
どうやら、血液の流れ(生命エネルギー)と気の流れは関係性がありそうなのだ。

先人の作った「言葉」にして見てみると、腑に落ちたりする。
「やる気」「強気」「弱気」「負けん気」などはもう少し内面的な
「気」持ちや「気分」を説明した言葉で、
「気」も持つ事ができるなら、手離す事もできるわけで、
人は色んなの「気」をまとう事で、気持ちが変わる。
「気」はそのように常に一つの状態ではなく、周りにも影響されつつ、
細分化され色々な方向へ分かれて行くので、気分は変わりやすい。
「病気」は気が病になった状態のこと。→気の病が、症状として体に出る。
「元気」は気が元に戻った状態のこと。→つまりは元気とは通常時の事。
「殺気」は誰かが自分を「殺そう」という「思い」に気がついた時に感じるもの。

「気」。。やはり目には見えないけども、心当たりある感じがする。。
そのエネルギーをどう認識するかは、人それぞれなんだと思うけど、
つまりは、意識しようが、しなかろうが「気」に左右されている
自分がいる訳です。

ここからが本題なのですが、日常生活の中で「気を使ってくれる」人がいます。
「気を使う」という言葉はポジティブにはネガティブにも取れますが、
「使う」ということは、消費している、消耗しているということなの…